弁護士は、本来出来るだけ依頼したくない職業です

弁護士は、正義か?
社会には、いろんな職業があり高収入を得れる仕事があります。「弁護士」は、その1つであり平均年収が1000万円前後と、高額な職業の部類です。口コミの大阪で交通事故の相談をするなら大きな仕事を受け持つ弁護士になると、年収が1億円になる事も。仕事の内容は、一般人に知られていない部分もあり大変なケースも見られます。しかし、主な仕事の内容がトラブル解決や不利な人の弁護を行うため正義的な魅力がある感じです。
弁護士イメージは、少し堅く法律と隣り合わせと言えます。弁護士になるには、最難関の国家試験に合格しないといけません。また、侍業と言われる職業のため日々の生活で危険もあるようです。弁護した人が裁判で負けた場合、当人から恨まれたケースもあると聞きました。さらに、厄介な依頼として凶悪犯罪者の弁護をする事になると、正直つらい場合もあるようです。犯罪者にも弁護士を付けれる義務があり、味方にならないといけません。
その分、「世間体や悪い弁護士と思われる」など、凶悪犯罪者を数人弁護してきた人は語っています。しかし、弁護士の人は、「やりがいがある職業」として胸を張っているようです。裁判で勝った時の快感は、いいらしく「依頼者の力に慣れた」と実感します。通常一般人は、弁護士と関わる事はほとんどないのが普通です。しかし、事故やトラブルで依頼せざる時があるかも知れませんが、出来るだけ頼らない生活を送りたいです。