弁護士は人間的に成熟している人である

弁護士は、イメージとして、元々検察側だった人が弁護士になることが多く、法律の専門家です。この弁護士では話題の肥後橋付近の六法全書が頭の中にすべて入っている、そんな感じがしています。とはいえ、法律というのは、状況や時代により解釈の仕方が変わりますし、多くの人が納得するような裁判の判決にするのは容易ではありません。
弁護士は、被告人を守る立場にあり、たとえ犯罪を犯したとしても、その人の人権を守ることや、裁判後の人生を考え、できるだけ刑が軽くなるように対応するのが、主な務めではないかと思います。弁護士は個人的な感情をできるだけ抑えて、あくまで冷静に、そして少しでも有利と思える部分をクローズアップすることで、被告人の印象をよくする、そんな部分に終始する部分があるゆえに、弁護士は、その人に対してかなりポジティブに見る仕事です。一方で検察というのは、弱い部分を突いて攻めるという感じで、被告人に対してネガティブに見ますので、こうした部分での検察と弁護士の闘いが、法廷で行われています。
どちらも必要な仕事ですが、弁護士というのは、大きな重責を担うものであり、その被告人の一生を左右するような状況の中で、その人をサポートすることになるので、人間的に成熟していないと果たせない人と思います。