共に戦って下さった弁護士さんは私の恩人です

私は夫のモラハラが原因で今年二月に離婚しました。
夫とは話が噛み合わず、離婚したくても、状況が全く進みませんでした。
そこで、こちらから弁護士に依頼し、調停を申し立てました。
「弁護士」というと、ドラマ等のイメージが強く、お堅い印象でした。
ネットでモラハラに強そうな弁護士を探し、
連絡をとって、初めて事務所に行く日はとても緊張しました。
担当の弁護士は30代くらいの女性の方だったのですが、
こちらの話を親身になって聞いて下さり、
分かりにくいところは細かく説明して下さいました。
勝手に抱いていたイメージが嘘のように、話しやすい穏やかな方で、安心しました。
「弁護士に依頼する」というのは人生の中でも大きな出来事だと思います。
私の場合、離婚は自分自身だけではなく、娘や、私の両親にも関わってくることだったので、
納得のいく別れ方を望んでいました。
弁護士さんに依頼し、相談する中で
親権や養育費、財産分与、慰謝料等、「自分がどうしたいか」を整理できました。
また、夫と私の間に入って、盾になって下さったことで、
それまで頻繁だった、夫からのメールや電話を通しての嫌がらせを受けずに済みました。
私一人ではとても戦えなかったけれど、
心強い弁護士さんに出会えて、離婚することが出来ました。
ネットで調べるだけでもたくさんの弁護士さんがいて、どの人に頼んだらいいか迷いますが、
気になった方には、まず会って、話をしてみることが大切だと思います。
弁護士さんが味方になってくれ、私は本当に救われました。

交通事故示談で弁護士の日当が盲点でした

祖母が交通事故に合い、後遺障害も残ったので、示談交渉のために弁護士事務所を探すことになりました。大阪で離婚問題をすぐ相談しようとそれまで弁護士の先生とは縁のない生活を送っていて、初めてのことでどうしたらよいかわからなかったのですが、いろいろネットで調べてみると、交通事故専門の事務所に頼むとどこでも報酬額に大差はなかったので、その中で成功報酬のみで着手金はなしというところと契約をしました。示談交渉は順調で、増額できた分に対して30%が弁護士事務所に支払う報酬になりました。増額は約1000万円だったので、単純に考えると報酬は300万円になりますが、請求額は390万円になっていました。よくよく内訳を見てみると、弁護士日当が1日10万で、示談交渉のために要した日数が9日間で90万円の請求になっています。それについては私は理解していなかったのが悪いのですが、あとで調べてみると、着手金が20~50万円で示談のための弁護士日当を含む…と書いていある事務所もありました。結果としては、そのような制度の事務所にお願いした方が得だったということになります。着手金がないので、単純に飛びついてしまってあとで後悔することになりました。
弁護士は日当が高いので、着手金のあるなし、成功報酬の金額などだけを見ず、きちんと日当についても先に確認しておかなくてはいけないと実感しました。

弁護士に対する私の勝手なイメージ

弁護士と言えば、頭がよくて冷静で年収もあり社会的地位も高いというイメージがあります。最近では、大阪で離婚問題を相談しようと現役の弁護士さんがバラエティや報道番組のコメンテーターとしてテレビ番組に出演していることもあり、マルチタレントのような華やかな印象もありますが、実際にはあらゆる案件の解決に追われ自分に手をかけている暇もなく、私生活は無頓着で地味なのではないかと思います。私の弁護士さんに対する勝手なイメージは、中学校時代の同級生から創られていったものだったのかもしれません。その同級生は、卒業後偏差値が高く独特の寮生活をする事で有名な高校に入学し、後に弁護士になりました。彼は、中学の時から秀才で成績はいつもトップでした。バスケット部に入っていたこともあり、運動神経もありました。性格も優しく、人の嫌がる事は絶対しないし友達の悪ふざけには冷静に対処し上手に治めていました。これだけ良いところが揃っていて人望のある彼でしたが、あまりモテるタイプではありませんでした。彼は地味だったのです。しかし、たとえ地味な一面を持っていたとしても弁護士さんは私にはないものをたくさん持っているあこがれの存在でもあります。私にはたくさんの法律を熟知できる頭もないし、トラブルにはすぐにあたふたしてしまうタイプです。華麗にクライエントの悩み事を解決していくその姿はとてもかっこいいと思います。

弁護士の先生は堅物が多いと感じます

弁護士というのは仕事柄感情を出してはいけないと思っていますので、堅いイメージがどうしてもあります。ただ法律に則って淡々と仕事をこなしていくのであればまだ良いですが、大阪で交通事故の相談を任せられるあまりにも堅物な弁護士も多く見受けられます。あまりにも堅物であることから一切の融通が利かないイメージが強くあります。以前弁護士の先生に相談したことがありましたが、堅物過ぎて法律上これは絶対にできない無理と言われて何か代替案が欲しかったですが、法律でそう決められているからと頑なに断られてしまいました。今まで3人の弁護士の先生と話をしたことがありましたが、そのうち2人が堅物でした。法律を捻じ曲げて欲しいわけではありませんが、言い方の問題だと思っています。堅物だった弁護士の先生はとにかく言い方がとげとげしかったです。もう少し言い方を考えて欲しかったです。そうした出来事があったことで、弁護士のイメージはあまり良くは思っていません。一般人とって弁護士事務所に行くだけでも勇気がいります。弁護士事務所という場所は一般人にとっては敷居が高いです。弁護士といっても接客業だと思いますので、法律に長けていてももう少し接客の心も身に付けてもらえたらと思っています。

「先生」と呼ばれる弁護士さんですが、色々な先生がいらっしゃるものです

「先生」と呼ばれる職業には、教師、医師、弁護士が代表に挙げられます。このうち、教師に当たりはずれがあるのには、多くの人が実感しているのではないでしょうか。教育者の質にばらつきがあることは、困ったことです。口コミの大阪で交通事故の相談をするならそれでも大抵の場合、私達はなんとかやり過ごしています。それに比べれば、医師は、それほど大きなはずれは無いように見受けられます。とは言っても、私は、医師にもトンデモ医師がいると驚いたことがあります。患者の言葉を途中で遮り、その症状についての自分の見解を述べる医師です。私の訴えが、先生に通じないという空しい診察でした。他にも、エキセントリックな医師に遭遇したことがあります。尤も、こちらは診察の中身はまともでしたが。それにしても、医師は患者とコミュニケーションが取れることが欠かせません。その意味で、医師は比較的、質的に均一ではないでしょうか。さて、弁護士の先生方とは、普段あまり接する機会がありません。法律上のトラブルの際に、お世話になる程度です。ですから、弁護士の先生については、ドラマやニュース等で見てイメージすることがほとんどです。そこからのイメージとしては、弁護士は依頼人の為に、法律や判例、経験を駆使して仕事をしているというところでしょうか。私も同じようなイメージを持っていました。実は私は、昔在籍していた会社で、仕事上で法的なトラブルを抱え、社長から会社の顧問弁護士を紹介されたことがあります。その弁護士は、お父様の代から顧問弁護士を引き受けていた二代目でした。トラブルの相談で、弁護士にアポイントを取り、社長と出かけたことがあります。当時私はぼんやりで、気付きませんでしたが、顧客の、それも社長自ら弁護士事務所に赴いたのです。本来、弁護士が社長を訪ねるもののはずです。その上、約束の時間に他の客と会っていました。すぐに会談を切り上げることもせず、しばらく社長と私を待たせました。ようやく部屋に通されても、結局こちらの相談事でなく、とりとめのない話に終始した記憶があります。私は幾度かその弁護士を訪ねましたが、常に約束の時間には他の客と会談していました。外出していたこともあります。その弁護士とは、まともな相談ができず、他の形で、トラブル処理をしました。顧問弁護士が話にならないと判断したのか、社長は他の弁護士を私に紹介してくれました。他の場合でも、トラブル対応してもらえるようにとの配慮でした。その新しい弁護士が、私の知るもう一人の弁護士です。ごく普通に、相談事にのって下さる対応でした。安心して相談できるなという印象を持ちました。ただ、この場合は私が頓珍漢で、相談と言うより、法律上の疑問ばかりをぶつけてしまい、後で大汗をかいたものです。頓珍漢な私の訪問でしたが、その後、丁寧に賀状をいただきました。印象のよい弁護士でした。考えれば当たり前ですが、弁護士も色々な先生がいます。2人の弁護士を知り、私はそのことを痛感しました。

事実と虚構のはざまで戦う弁護士さんの仕事に驚き!

以前、知人が仕事上のトラブルに巻き込まれ、大阪であの法律問題を相談できる弁護士さんに助けを依頼した時の体験談です。そのさいの、弁護士さんの第一声には非常に驚かされました。開口一番…こう言われたのです。「どんな筋書きでいきましょうか」と。「えっ? 筋書き…!?」と思わず聞き返してしまいました。法律の世界というのは“事実”が全てと思っていましたので、てっきり弁護士事務所でする相談というのは“必要書類の準備”などについてとばかり…。ところが、その弁護士さんによれば、証拠集め云々以前に、まずすべきは「“こちら側のストーリー”を組立てて戦略を練ること」だというのです! …驚いてしまいました。なにも嘘のストーリーを作るということではなく…、起きた出来事を“いかに自分たちに都合の良いように解釈しアピールするか”が重要とのこと。そのためには、何より土台となる“筋書きづくり”が欠かせないとの説明でした。なにやらドラマの中の話のようで…ドキドキしてしまったのを覚えています。相談した弁護士さんはかなり年配の方でしたので、こうした弁護手法は…もしかすると“ひとむかし前のスタイル”であり、現在の若い弁護士さんは違う考え・手法をとっているかもしれません。ただ…今回の出来事を通して、“ひとつの出来事(事実)”も、見方によっては色々な形に変化するのだということを痛感。弁護士さんという仕事に関しては、そうした“事実”と“虚構”のあいだにある曖昧な世界で戦う仕事…という印象を持ちました。

弁護士に相続の相談をしました

遺産相続で、家族と争いになってしまいました。まさかお金持ちでもない我が家で、遺産相続の争いがおこるとは想像もしませんでした。しかし、口コミの大阪で交通事故の相談をするなら実家の相続で兄弟で揉めてしまいどうすることもない状態になってしまいました。最初は、親族に間に入ってもらい解決をしようと思いましたがそれでも問題は解決せずにかえって悪い状況になってしまいました。神的に追い詰められて行き、このままではダメだと思いネットで遺産相続に強い弁護士を探しました。弁護士というと、ドラマの中で見るだけの存在で実際に会ったこともなかったので、最初に電話をする時にはかなり緊張しました。電話で状況を説明すると、希望の相談日がいつかを聞かれて相談に行きました。約束の日に弁護士事務所に行くと、厳重なセキュリティが完備されており弁護士事務所に来たんだということを実感出来ました。その後、弁護士の人に現状と遺産相続を無事に終えたいことを伝えて相談しました。結果的には、弁護士さんのアドバイスで我が家の場合には家庭裁判所に行き、和解をすることが出来ました。弁護士さんに相談しなければ、ずっと険悪な状態のままが続いていたと思います。初めて弁護士さんを利用しましたが、親身になってくれ助かりました。