「友人の付き添いをした時に出会った弁護士さん2人の印象」

こんにちは。僕は29歳の男性です。職業としては現在、自営業(フリーランス)をしております。そんな僕の友人(男性)に、過去にですが「金銭トラブル」の相談をされたことがありました。
 その肥後橋の弁護士は相談し易いと僕は「その年齢でその借金だろ?1000万円なんて返せないよね・・・弁護士に相談して全部整理した方がいいと思うけど」という事を友人に言いました。
 結局のところ、自己破産をして人生をやり直すことになったのです。
 友人はその時精神的にも、肉体的にも弱っておりまして、「出来れば付き添ってくれ」という事だったので、付き添うことにしました。
 とりあえず近場の弁護士事務所に相談に行きました。窓口の事務員さん(女性は)は、とても親切であり丁寧でしたが、出てきた弁護士さんは・・・
 僕ら2人は「どうも初めまして」と挨拶をするも、その弁護士さんは「ん?何の用なの?話は端的に言ってくださいね!」という、「とても感じの悪い印象」でした。正直、典型的な弁護士さんのイメージという感じです。
 それで友人が頑張って説明しているのに、「はぁ・・・あなた頭悪いんじゃないの?」や「だったら自分で始末できますよね?お金もないのに相談されても困るんだ!こっちは」等ひどい事を言われて、僕らはその事務所を後にしました。
 窓口の女性事務員さんは、「ごめんなさい」と言ってくれました。
 次に行った弁護士事務所の弁護士さんは、とても物腰が柔らかくて「お辛いでしょう。心中お察しします。では私が代理をさせていただきますね^^」という事で、友人は100万円を払い、半年後には全部の手続きが終了して、人生を再スタートすることができました。
 前者の弁護士さんの印象は典型的な悪い弁護士さんのイメージであり、後者に登場してお世話になった弁護士さんは、良い弁護士さんのイメージという感じでしょうか。
 やはり印象の良い弁護士さんは、後者に出てきた弁護士さんだと思います。
 ですが、弁護士さんも人間です。十人十色であり、色々な弁護士さんがいるから、世の中は面白いものだと思いました。

残業代・給料未払いトラブルを弁護士に依頼したら、あっさり片付いてビックリ

以前の勤務先で残業代と給料未払いトラブルが発生し、その際に弁護士に相談した時の体験です。
大阪で離婚問題を相談できる私の勤めていた会社や従業員10人に満たない小さな会社だったのですが、なかなか残業代を支払ってもらえませんでした。
残業してるのはお前の処理速度が遅いからだ!お前がきちんと仕事をこなせれば残業なんてしなくてもいいのに!故に残業代を支払う必要ない!と言って取り合ってくれませんでした。
もちろん私個人の能力によるものではなく、単純に残業しないと処理出来ない仕事量を押し付けられていたからなんですけどね。
あと給料の支払いも遅れガチで、気づけば二ヶ月程遅れていました。
社長にこういった事を訴えても取り合ってもらえなかったので、弁護士に依頼した次第です。
弁護士に相談し、弁護士が残業代と給料未払い分の請求書を内容証明で社長に送ることとなりました。
その書面が届いたら、社長は血相変えて私の所へ飛んできました。
社長室に呼ばれ、まさか弁護士なんて使うとは・・とぶつぶつ文句をいいながら、支払う事を了承。
さすがに当日に満額の支払いをしてもらえませんでしたが、キッチリと回収出来ました。
また弁護士への報酬は結構安かったのにも驚きましたね。
定額ではなく成功報酬の30%というのも大きかったんでしょうが。
何にせよ私が言ってもウンともスンとも言わなかった社長が、弁護士から送られてきた書類をみただけでここまで変わるのか・・・弁護士の力は恐ろしいなと感じました。

弁護士は忙しいというイメージがある

いろいろな仕事がある中で、最も賢い仕事として従事しているのが弁護士という感じがします。弁護士は、知識が豊富でないと実際にいろいろなことについて仕事をすることができません。子供の法律問題を大阪で任せられる弁護士ならとても難しい司法試験を勝ち抜いて弁護士となっているのでその事からも、かなり頭がいい人というイメージがあります。実際に勉強をしない人は、弁護士になることができないのです。その仕事についた後も、絶えず勉強をする毎日が続くということが言えますね。
そして勉強をするといった一方で、仕事として活躍をすることももちろん求められています。人と会って話をしたり、裁判所で仕事をしたりなど、とても忙しいという印象もあります。実際に犯罪を犯した人と話をしたりすることも、時間がかかってしまうことがありますね。そして、その後に色々と調べたりして、ますます忙しく時間を持つことになります。
実際の現場は見たことがないのですが、テレビではよく犯罪者の人を説得したりする場面もあります。そんなことまでしているのかと思ったりするのですが、多岐に渡る仕事内容hがあると推測しています。毎日忙しくしているので、通常のサラリーマンのように時間が来たら終わりと言うことはないと感じています。

妹が悪徳な霊感商法に引っかかり、弁護士に相談した時のこと

私は30代半ばの専業主婦です。ごく平凡な一般家庭に生まれ、平和な学生時代を過ごし、大阪で離婚問題を相談できる結婚して家庭を持ち、2人の子どもに恵まれて、穏やかに暮らしてきました。これまでずっとトラブルとは無縁に過ごしてきて、私が弁護士と関わるような出来事は起こるはずが無いと思っていましたが、1年程前、そんな私が弁護士の先生に相談をする騒ぎが起きました。私の姉が悪徳な霊感商法に引っかかってしまったのです。姉はその霊感商法を信じ込み、多額の寄付や高額な商品の購入、セミナーへの参加などを繰り返していました。私や父、母は繰り返し姉に注意し、辞めるように説得したのですが、姉は全く聞き入れてくれず、姉の夫の説得にも耳を貸さない状態でした。そんな姉に困りはて、私達家族は姉が霊感商法から離れるための方法を模索し、その結果、霊感商法を行っている組織を訴えることが可能かどうかを弁護士さんに相談することになったのでした。私も私の家族も、弁護士という職種の人と話をしたのはこの時が初めてで、とても緊張しました。相談した結果、霊感商法の組織に違法性が薄く訴えることは難しいとの見解で、状況を打開することにはなりませんでしたが、弁護士さんは想像していたよりも柔らかい雰囲気で話しやすく、専門家に話を聞いてもらったことで気持ちが少し楽になりました。打開策は出なかったですが、相談して良かったと思いました。その後姉は、カウンセリングを受けたりしてなんとかその霊感商法とは離れることができ、現在は穏やかに過ごしています。

弁護士は人間的に成熟している人である

弁護士は、イメージとして、元々検察側だった人が弁護士になることが多く、法律の専門家です。この弁護士では話題の肥後橋付近の六法全書が頭の中にすべて入っている、そんな感じがしています。とはいえ、法律というのは、状況や時代により解釈の仕方が変わりますし、多くの人が納得するような裁判の判決にするのは容易ではありません。
弁護士は、被告人を守る立場にあり、たとえ犯罪を犯したとしても、その人の人権を守ることや、裁判後の人生を考え、できるだけ刑が軽くなるように対応するのが、主な務めではないかと思います。弁護士は個人的な感情をできるだけ抑えて、あくまで冷静に、そして少しでも有利と思える部分をクローズアップすることで、被告人の印象をよくする、そんな部分に終始する部分があるゆえに、弁護士は、その人に対してかなりポジティブに見る仕事です。一方で検察というのは、弱い部分を突いて攻めるという感じで、被告人に対してネガティブに見ますので、こうした部分での検察と弁護士の闘いが、法廷で行われています。
どちらも必要な仕事ですが、弁護士というのは、大きな重責を担うものであり、その被告人の一生を左右するような状況の中で、その人をサポートすることになるので、人間的に成熟していないと果たせない人と思います。

本物の弁護士ってこんな感じ

医者や警察官、弁護士って、ドラマや映画の主役として題材に使われることが多いですが、ほとんどがフィクションだと思うのでちょっとクセがある人物のことが多いですよね。
ここ肥後橋で話題の法律問題を相談するなら私は、病院でお医者さん、交番でお巡りさんというように、今まで医者や警察官にあったことはありましたが、つい最近まで弁護士さんに会う機会はありませんでした。(つい最近、親族の付き添いで弁護士事務所を訪ねて会う機会がありました)
ドラマや映画のように、クセのある人ばかりが弁護士とは思っていませんでしたが、実際に弁護士さんに会ったときの印象は「迅速で冷静」でした。約1時間の相談の中で、必要なことをヒアリングして今後の対応方法や注意点などの説明、書類の準備など本当に無駄を感じることがありませんでした。もちろん弁護士さんの人柄や経験によっても違うと思いますが、決められた時間の中でするべきことを冷静にしているといった感じです。
個人的には、商品を1つ手に取るごとに話しかけてくるショップ店員さんやカット中にずっと話しかけてくる美容師さんは苦手なので、いい意味で感情がうかがえず事務的に進めるような今回会った弁護士さんは好印象でした。もしかすると人によっては、もっと親身になってほしいと感じるかもしれませんが…。

弁護士の職務内容と依頼する時の注意点

弁護士とはどのような仕事をするものなのでしょうか。よく見聞きするのは、刑事事件の代理人とか離婚訴訟などでしょう。大阪で少年事件を相談しようとしかしこれだけに留まらず、法律が関連するものならまず何でも相談できます。たとえば近所とのトラブルとか相続、交通事故、借りたお金が返済できない時の債務整理なども相談できるので、困った時は弁護士事務所にまず行くようにしましょう。忙しくてなかなか行けない人のために、メール相談をしてくれる事務所もあります。ただ弁護士に相談すると、お金がかかりそうで不安という人もいるでしょう。しかし今では無料相談をしてくれる事務所もあります。また最初だけ無料であるとか、それとは逆に初回は無料で、それ以後は無料ということもあるので、ネット検索で自分の予算に合った事務所を探してみてもいいでしょう。無論法テラスに行って相談し、事務所を紹介してもらうこともできます。それから費用に関しては、一般的に高いというイメージがあります。しかしこれも事務所によって様々です。また事務所によっては、費用の支払いを分割にしてくれることもあるので、高額で一度に払えない時にはとても便利です。それから事務所を訪ねる時は、必ず予約を入れておくようにしましょう。弁護士は多忙なので、飛び込みで来られても相談を受けられないことが多いからです。

弁護士は、本来出来るだけ依頼したくない職業です

弁護士は、正義か?
社会には、いろんな職業があり高収入を得れる仕事があります。「弁護士」は、その1つであり平均年収が1000万円前後と、高額な職業の部類です。口コミの大阪で交通事故の相談をするなら大きな仕事を受け持つ弁護士になると、年収が1億円になる事も。仕事の内容は、一般人に知られていない部分もあり大変なケースも見られます。しかし、主な仕事の内容がトラブル解決や不利な人の弁護を行うため正義的な魅力がある感じです。
弁護士イメージは、少し堅く法律と隣り合わせと言えます。弁護士になるには、最難関の国家試験に合格しないといけません。また、侍業と言われる職業のため日々の生活で危険もあるようです。弁護した人が裁判で負けた場合、当人から恨まれたケースもあると聞きました。さらに、厄介な依頼として凶悪犯罪者の弁護をする事になると、正直つらい場合もあるようです。犯罪者にも弁護士を付けれる義務があり、味方にならないといけません。
その分、「世間体や悪い弁護士と思われる」など、凶悪犯罪者を数人弁護してきた人は語っています。しかし、弁護士の人は、「やりがいがある職業」として胸を張っているようです。裁判で勝った時の快感は、いいらしく「依頼者の力に慣れた」と実感します。通常一般人は、弁護士と関わる事はほとんどないのが普通です。しかし、事故やトラブルで依頼せざる時があるかも知れませんが、出来るだけ頼らない生活を送りたいです。

難題解決には弁護士に相談するのが解決への近道

私は、主人と子供を1人もつ主婦です。数年前、まだ子供が保育園に通っている歳の頃の話です。その日は、その肥後橋の弁護士は相談し易いと私一人で外出する予定があり子供を主人に預けて、午後1時頃、自分の車を運転して出かけました。自宅から数分の隣町の二車線の公道で、前の車が左折するのを待っていると、突然の衝撃でした。後ろを走っていた4トントラックに追突されたのです。全身を強く打撲したせいか、車から降りれず救急搬送されたのです。その後、怪我の状態が寛解せずに、後遺症の認定になりました。保険会社とのやりとりが自身で行うのが大変になり、弁護士に依頼することになりました。その弁護士事務所はたくさんの弁護士の先生方が所属している地元でも大きい方の事務所だと思います。初めての面談では、役の上の先生が対応してくださり、今後の流れなど教えて頂きました。非常に冷静沈着で、さすが弁護士だと頼れる存在に感じました。その後、別の若い先生が担当になりましたが、私の気持ちに寄り添い、言いにくい事柄も、丁寧に話してくださいました。交通事故にあって心身共に疲労のあるときに、親切丁寧に対応して頂き、大変安心しました。何か自分だけで解決できない難題には、やはり弁護士に相談するのが、解決の近道と感じました。

共に戦って下さった弁護士さんは私の恩人です

私は夫のモラハラが原因で今年二月に離婚しました。
夫とは話が噛み合わず、離婚したくても、状況が全く進みませんでした。
そこで、こちらから弁護士に依頼し、調停を申し立てました。
「弁護士」というと、こんな母子家庭の法律問題を大阪でドラマ等のイメージが強く、お堅い印象でした。
ネットでモラハラに強そうな弁護士を探し、
連絡をとって、初めて事務所に行く日はとても緊張しました。
担当の弁護士は30代くらいの女性の方だったのですが、
こちらの話を親身になって聞いて下さり、
分かりにくいところは細かく説明して下さいました。
勝手に抱いていたイメージが嘘のように、話しやすい穏やかな方で、安心しました。
「弁護士に依頼する」というのは人生の中でも大きな出来事だと思います。
私の場合、離婚は自分自身だけではなく、娘や、私の両親にも関わってくることだったので、
納得のいく別れ方を望んでいました。
弁護士さんに依頼し、相談する中で
親権や養育費、財産分与、慰謝料等、「自分がどうしたいか」を整理できました。
また、夫と私の間に入って、盾になって下さったことで、
それまで頻繁だった、夫からのメールや電話を通しての嫌がらせを受けずに済みました。
私一人ではとても戦えなかったけれど、
心強い弁護士さんに出会えて、離婚することが出来ました。
ネットで調べるだけでもたくさんの弁護士さんがいて、どの人に頼んだらいいか迷いますが、
気になった方には、まず会って、話をしてみることが大切だと思います。
弁護士さんが味方になってくれ、私は本当に救われました。