弁護士の無料相談について

よく、インターネットや雑誌なんかで、弁護士事務所の無料相談に関する広告や概要を見かけますが・・。ああいうのって、どこまでが無料なんですかね。きちんと依頼するとなると、当然費用が発生するわけでしょ。じゃあ、無料相談というのは、一体全体どのあたりの事まで踏み込んでくれるのでしょうか。単に、困っていることを相談し、それを聞いてくれるだけなのでしょうか。そして、実際に依頼する際には、いくらぐらいの費用が発生し、そしていくらくらいの期間が必要になるのか、といったようなことを説明するにとどまるのでしょうか。それなら、べつに、相談する必要はありませんよね。最初っから依頼するつもりで行けばいいだけの話です。本当に困っている人というのは、弁護士に依頼する費用すらない人たちだと思うんですよね。例えば、多重債務で困っている人。無料相談に関する広告などでは、「一度ご相談ください、もしかすると、あなたの債務、半分に減るかもしれません!」みたいなキャッチフレーズをよく見かけますが、半分に減ったところで、そのためには、決して安くはない弁護士費用を払わなければならないわけでしょ。うーん、それって、どうなんですかね。なんだかちょっと微妙じゃないですか?