弁護士に対するイメージ

日常生活では弁護士に依頼するような出来事はそうそう起きないのではないかと思います。弁護士に相談する必要が出てくるのはやはり裁判所などにお世話になる時でしょうか。離婚がまとまらず、こじれている時や、相手と直接話ができないくらいになってしまっているときは弁護士に頼むと思います。交通事故などを起こしてしまい、訴訟になる時にも頼むでしょう。一軒家での隣人トラブルなんかも弁護士依頼が現実味を帯びるかもしれません。実際に弁護士に頼んだことはありませんが、テレビなどのイメージでは裁判所で原告と被告に分かれて弁論し合ったりするかっこいい姿が思い浮かびます。実際弁護士に依頼をするとして、まずどこに相談すればいいのかがよく分かりません。そして、相談だけでも高い報酬を払わなくてはいけないイメージもあります。一方で、少し前に法科大学院が新設されて、狭き門だった弁護士業界に少しは人材が流れ込むようになったのかなとも思います。とはいえまだまだ弁護士は身近な存在とは到底言えません。それだけ法律を専門的に勉強した人たちであり、きっと困ったときには助けてくれる存在なんだと思います。むしろ普段は身近でなくていいのかもしれません。